-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-06-13 21:46 | カテゴリ:オオクワガタ
九州での地震で被災された方には心よりお見舞い申し上げます。



かなりブログの更新が滞ってましたがブリードはしています。



さて以前紹介したshima1007氏からの87.5㎜+♀2頭以外に

いくつか補強していますので紹介させて頂きます。


まずはマツノインセクトよりgatchさんと共同で補強しています。

マツノ①

マツノ②

マツノ③


♂1頭と♀1頭です。

今季久留米ラインはこの1頭の♀と私の15年1番ラインの

早期♀1頭で2ラインの予定です。



続いてGullさんから♀を1頭です。

Gull氏④

この14年15番ラインはどうしても欲しかったので手に入って

良かったです。



次にまたshima1007氏よりgatchさんとYG♀を共同補強ですw

もちろんYGの中で1番良かった88.2㎜同腹ラインです。

shima氏⑤

58.5㎜の♀を手にした時は流石にデカいと思いました。

gatchさんと外してもいいからインブリすると決め補強したので

3月の中旬ころから87.5㎜とペアリングを開始しました。

3日後くらいに様子を確認すると何か様子がおかしい。。。

よく見ると頭と胴体が。。。マジで凹みました。。。

私だけの♀ではなかったのでgatchさんに申し訳けなく。。。

初めての経験で。。。よりによって58.5㎜を。。。

この87.5㎜は結構気性が荒くまたやる可能性があると思い

gatchさんと相談しアゴ縛りをしてペアリングする事に決めました。

顎縛り


またshima1007氏に頼んで種親予備としてとってあった

88.2㎜同腹の57.1㎜を譲ってもらいました。

shima氏⑥


87.5㎜にアゴ縛りはしたもののペアリング中に外して

またパッカーンなんて。。。最悪な事態を想定し本命を

後回しにしてペアリングしました。

今季この87.5㎜がメインの雄になるので通常はやらない

試し産卵をセットしました。

次の日から齧り出していたので約5日間で♀を取り出しました。

時期が来たので割出をしたのですが幼虫は採れません。。。

まさかと思いすぐに他に掛け合わせた2♀も産卵セットを

組みましたがダメでした。。。

早期羽化♀で1番期待していたNO15S16-02を掛けて

しまったのが非常に残念ですが仕方ないですね。。。

gatchさんも挑戦するとの事ですぐに87.5㎜を飛ばしました。

今季の主♂と考えていた87.5㎜が種無可能性大と言う事で

すぐにshima1007氏に連絡して88.2㎜同腹の良い♂が

居ないか問合せしました。

87.5㎜を譲ってもらう時に勧められた86.6㎜が予備として

残っているとの事だったのでその個体を譲ってもらいました。

shima氏⑦

shima氏⑧


今季はこの86.6㎜がメインで頑張ってもらいます。



また前後しますがSG血統も補強しています。

地元の知り合いの方が良い雄を探しており私も準ギネスを

取ったSG血統が欲しかったのでshima1007氏に連絡して

準ギネス89.0㎜同腹の85.5㎜を共同購入しました。

shima氏SG⑨

shima氏SG⑩


私は1ラインでけでもSG血統として累代したかったので

幻の90.4㎜が出たラインの良い♀が居ないか聞いたところ

予備でとってある♀が居るとの事!

ところが色々話してるうちに予備ではなくshima氏が使用しよと

していた56.2㎜が居て通常外には出さない個体ですがそれを

何とか譲ってもらいました。

shima氏SG⑪

この♀は良い♀の中でも数頭しか居ない素晴らしい♀とのことで

到着したらしっかり隅々まで見て欲しいとまで言われました!

見る目が無い私でも素晴らしい♀と判る個体でした。

本当は血が遠いYGと掛けたかったのですがSGを1ラインやる

と決めて補強した個体なので血は濃くなりますがSG同士で

掛け合わせます。


飛ばしたYG87.5㎜ですがgatchさんが挑戦しても

やはり採れませんでした。。。

思わぬ誤算でブリード工程が約20日間遅れましたが何とか

今季もブリードを楽しめそうです。



15年度の個体は約3分の2が羽化してそうです。

みなさんのブログでもチラホラ羽化報告の記事が出ていますね。

87㎜や88㎜の報告も出て素晴らしいと思います。

やはりそう言う記事を拝見するとテンションも上がってきます!

私も1頭くらいは87㎜台を出したいのですがどうでしょう。。。

掘出しは6月末から始めようと思っています。

その前に6月20日から産卵材の割り出しです!

あっ!今季の産卵セットはクマモンさんのカワラ材2本セットと

言う事で一昨年使用したコンテナボックスを使用しています。

カワラ材の出来は素晴らしいです。

クマモンさん有難うございました。

雑虫などの対策としてコンテナボックスの淵の上部分に

両面テープを貼りナイロン製の防ハエシートを敷いて

蓋をしています。

産卵セット⑫

産卵セット⑬

産卵セット⑭


さて菌糸瓶も詰め作業は終わっているので

後は割り出し掘り出しですw





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。