-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-22 18:36 | カテゴリ:オオクワガタ
現在冷やし虫家で管理している

森田Gゴールド3令幼虫の5ペアの中の

1頭の♀が蛹室を作り蛹になりました。。。

管理デーダでは9月12日に初令で1本目の

菌糸ビンに投入されている幼虫です。



森田G 早期 1

早期にしても少し早いのでは。。。。。

まあもう仕方ないので無事に羽化してくれる事を

祈るだけです。

現在設定温度22℃で管理してまして

そのままの温度で羽化させる予定です。


森田G 早期 2


PPボトルなので見にくいですが

蛹になって4日前後経っています。




スポンサーサイト
2013-02-16 22:38 | カテゴリ:オオクワガタ
初めて詰めた菌糸ビンの経過を報告します。

まずは詰めてから2日後です。



初菌糸ビン 4

左がLEVIN-Gで 右がS3です。

2日目の時点でLEVIN―Gの方が菌糸が多く

まわっている様に見えます。

次に2日目LEVIN―Gの容器の違う種類の写真です。


初菌糸ビン 6

左からガラス・クリアボトル・PPの順です。

写真では1番右のPPが半透明なので1番菌糸がまわってる様に見えますが

私が実際に見た感想はどれも同じくらいに思えました。

素人なので教えて欲しいのですが下の写真の様に白いカビ?みたいなのは

問題ないのでしょうか?むしろこれは良い事なのでしょうか? ↓↓↓


初菌糸ビン 3




そして下の写真が本日5日目の菌糸ビンです。

初菌糸ビン 7


2日目の写真と同じ並びにしてあります。左がLEVIN-Gで 右がS3です。

見て解る様に2種類とも2日目より菌糸がまわっていますが

S3の菌糸のまわりが早いです。2日目以降から急に伸びました。

次にLEVIN―Gの容器の違う種類の写真です。


初菌糸ビン 8

ん~~~多少PPのまわりが早いかなって感じです。

今回色々な容器で試しましたがその中で私が1番早く菌糸が

まわってると思った容器が下の写真です。


初菌糸ビン 9


100均のPPボトルです。これも左がLEVIN-Gで 右がS3です。

温度は22度±1で管理しています。

経験不足で菌糸のまわり方や速さなどが

正常なのかどうか解りません。。。

私の感想はS3は順調にまわっていて

LEVIN―Gは少し足踏みしているかな

って感じです!



2013-02-14 01:21 | カテゴリ:オオクワガタ
みなさんは菌糸ビンを詰めた後

何で真ん中に穴を開けてますか?開けない方も結構居るみたいですね。

充電ドリルで開ける方も居ますね。

充電ドリルやキリは持っているのでやってみようか迷いましたが

ボトルの底まで開けてしまいそうで試してませんw

私は先日の初詰めでは下の写真の取っ手が付いた

六角レンチを使いました。



穴あけ 1


しかしこれでは穴が細そうですし

抜く時に穴入口がボロボロ崩れてしまう事が多いです。

そこで先日自分で穴あけの道具を作ってみましたw

(たいした物ではありませんが。。。)



穴あけ 2

手で持つところは2種類用意しました。

穴あけ 3


分解した写真がこれです↓

穴あけ 4

写真の1番下に写っている芯の棒は、4分のボルトでした。

長さを計って頭側を切断し高速カッターで一生懸命削って

テーパをとりました。





穴あけ 7

初めは上の写真でいこうとしましたがこれだと抜く時に

穴の入口が崩れる心配があると思いナットを左下の写真の様に

削って写真右下の様に取り付けました。



本日、先日の余りのブロック5ケを菌糸ビンに詰めたので

早速試してみました。


穴あけ 5

指すのは問題なかったです。

穴も綺麗に開きました。


穴あけ 6


ただ抜く時に気をつけないと菌糸の上表面を崩してしまう

恐れがあります。一番奥までさして抜く時に少し穴を大きくする様な

感じで軽く回しながら抜くと上手く抜けます。(失敗もしますw)

まだまだ改良しないといけない点が多々ありますが。。。。




2013-02-12 20:19 | カテゴリ:オオクワガタ
さ~~~て!今日は初詰め詰め日だ!

やるぞ~~~!!!

よしっ!準備OK!


212詰め詰め 1


今回菌糸ブロックは神長さんのS3を6ブロックと

エクシードさんのLEVIN-Gを6ブロックの

計12ブロックを用意しました。

今回初と言う事でクリアボトル・PP・ガラスの色々な

形状の容器を用意しました。

今回色々な容器に詰めてみて詰めやすさ・菌糸のまわり・

扱いやすさなど色々見てみて自分に合った容器を選定していきたいです。

それでは始めにエタノールで綺麗に消毒して。。。





えっ!





212詰め詰め 2


なんだこれは???(マルちゃん正麺ではありませんw)

一瞬汚れ?と思ったんですが崩しアミの塗装でした。。。

何で塗装が取れる?不良品?。。。


【後で購入したところに問い合わせたところ『純度の高いエタノールや

無水のエタノールでは問題ないが、メタノールやイソプロパノールが

含まれる消毒液はシンナーと同様で塗装を剥ぎ取ってしまう・・・』との

回答でした。使った消毒液を調べてみると無水のエタノールしかも99.5パーセントの

純度でした。もう1度その事を業者に問い合わせると『無水エタノールで

塗料が剥げる場合はエタノールに問題がありますね』との回答でした。

使用している無水エタノールをよく見ると注意書きに《シミ、変色の原因と

なりますので家具・床などの白木、桐、ニス、ラッカー塗装品などに使用

しないで下さい。》と書いてありました。。。】


212詰め詰め 3


これから無水のエタノールで消毒する際は気をつけないと。。。

仕方がないので塗装が着いた新品のゴム手や雑巾はゴミ箱に捨てて

気を取り直して新しいゴム手を取り出し衣装ケースの中で

手で細かく潰しました。

皆さんはブロックのまわりの白いところは取りますか?

それとも一緒に崩して入れてしまいますか?

私は取りますが以前どなたかのブログで取らないで足で崩して

詰めていると記載してあったので、みなさんはどちらかな?と思いました。

さて!ブロックも崩し終わりいよいよ詰め詰めです!



げっ!


212詰め詰め 4


なんと1本目でレバーが曲がってしまいました。。。


212詰め詰め 5


この前みなさんが言うように簡単に曲がってしまいました。。。

仕方がないので前もって購入してあったkentec製作所さんの

レバーに取り替えて作業しました。途中本体とレバー部分を

固定する6㎜のネジが切れてしまい同じ物を買いに出掛けたりと

散々でした。。。半分くらいを詰め終わった時点でツレから電話があり

飲みに行こうと誘いがありました。色々なトラブルで精神的にも肉体的にも

疲れていたので詰め詰め作業は半分で終了!

誘惑に負け飲みに出掛けましたw



212詰め詰め 6


一応これだけ詰めました。


212詰め詰め 7


左が S3 で 右が LEVIN―G です。

やはり安いプレス機は安いなりでしたねw






2013-02-06 13:30 | カテゴリ:オオクワガタ
冷やし虫家2-1


先日2台目の冷やし虫家TFが届きました。

前回購入して組み立てた時、一人で組み立てるのが

難しく、嫁に手伝ってもらいました。

組み立てた事がある方は解ると思いますが

どうしても抑えながらネジをしめたりするので

しっかり均等に組み立てるには2本の手だけでは

難しい部分があります。

そこで今回、1人でもしっかり組み立てれる方法を

紹介します。(紹介するほどの事でもないんですが

ブログネタが無いんで。。。^^;)



冷やし虫家2-2


ご存知の方は多いと思いますが中身はこんな感じで入っています。


冷やし虫家2-3


こんな感じで組立ていき


冷やし虫家2-4


ここまできたら


冷やし虫家2-5


このように、荷物なんかを荷台やキャリアに

固定する時に使う物なんですが(名前が解りません(笑))

これを写真の様に上の方で、しっかり絞めて固定します。

こうすると簡単に次のステップへいけます。

(この段階になると、どうしても固定してある部分が

 広がろうとするので固定してないとネジなどを締める

 のに大変苦労します)



冷やし虫家2-6


2人でやるより、こちらの方が楽に作業出来ます。


冷やし虫家2-7


先ほどと同じ要領で組立ていきます。


冷やし虫家2-10


そうすれば完成です。この締める紐?があれば

かなり楽に組立が出来ます。

後、中の棚の部分を紹介します。



冷やし虫家2-8


こんなメッシュパネル(330×530)を2枚用意して

1枚を切断して重ねてインシュロックで固定します。



冷やし虫家2-9


もっと横幅がある1枚ものを加工してもいいんですが

もし通常より高さがある菌糸ボトルを入れる時

重ねてあるメッシュパネルを分離して使えるからです。

棚の脚の部分ですがホームセンター等で材料を購入して

作成します。



冷やし虫家2-12


こんな材料です。

Lアングルは2mの物を寸法を決め測って加工してあります。



冷やし虫家2-13


この様に作成し、こんな感じで冷やし虫家の中に入れて

先ほどのメッシュパネルを上に置きます。

これなら空気の循環をなるべく妨げる事がないと思います。



冷やし虫家2-14


そして前回紹介した冷やし虫家の上の段にセット完了しました。

冷やし虫家の4倍体(2段重ね)も考えましたが、扉が通常のままだと

1段目と2段目の堺にある菌糸ビンの出し入れが出来ない事や

中の棚が不安定になるなど色々な点からやめました。

横に本体部分を拡張するやり方は凄く良いと思いますが、

上に拡張するやり方は使い勝手が悪くなる気がしました。

これはあくまでも私の使い勝手(中に棚を組んで高さ約130前後の

菌糸ビンを保管する)の意見です。

他の使い勝手により4倍体の方が便利に使える場合もあると思います。

夏になったら納戸から、エアコン管理している部屋に移動する予定です。




2013-02-02 22:03 | カテゴリ:オオクワガタ
本日、今年のブリード用の産卵木が届きました。


産卵木クヌギⅠ



長さ14cm・太さ8cm~12cmを50本です。



産卵木クヌギⅡ



値段のわりに上質なクヌギが揃っていました。

もう少し太くても良かったのですが、50本セットでなんと

4,980円だったので購入しました!

雑菌も少なそうで満足してます。


話は変わって、オオクワの話ではないのですが、

ブログのリンクって、リンクすると自分のブログ画面のサイドに

表示され、ボタン1つで簡単にそのリンク先に行けるって意味で

いいんですよね?すみません。。。初心者で。。。^^;

大変便利なんでリンクをしたいのですが、コメントをやり取りしてる

方々に『リンクしても宜しいですか?』と聞いてリンクすればいいのでしょうか?

またリンクするにあたって注意点とかあったら教えてください。

宜しくお願いしますm(_ _)m




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。